自転車には車やオートバイでは決して味わえない本当に多くの魅力があります。
そしてそこに道がある限り、自転車の魅了は無限大に広がっていきます。
そうした自転車の魅力を楽しむために、モノの観点からアプローチ。お気に入りの自転車を手に入れるための参考に、ぜひご一読を!
 
 
自転車には大きく分けて
ドロップハンドルでオンロードがメインの「ロードバイク
道を選ばずオフロードもガンガン楽しめる「マウンテンバイク(MTB)」
フラットバー(一文字ハンドル)が特徴で、MTBの取り回しのよさとロードバイクのスピード感を合わせた「クロスバイク
小径タイヤと折り畳みの利点を生かせる「ミニベロ
トリックライドやXゲームなどで使われる「BMX
そして丈夫で日常ユースに適した「乗用車
などがあります。
 
以前は自転車といえば実用のための道具でしたが、現在はライフスタイルの一部として自転車を楽しむ方が増えてきました。

それは自転車が健康志向、エコ思考などにマッチしていることもありますが、何といってもやはり自転車の楽しさを、多くの人が感じているからでしょう。

このページのtopへ
 
中でも最近人気なのがロードバイク、MTB、そしてクロスバイクです。
 
ロードバイクは細かいタイヤを装着しており、段差の少ない道を走るのに適しています。
道を選ばずオフロードもガンガン楽しめる「マウンテンバイク(MTB)」
フラットバー(一文字ハンドル)が特徴で、MTBの取り回しのよさとロードバイクのスピード感を合わせた「クロスバイク
小径タイヤと折り畳みの利点を生かせる「ミニベロ
トリックライドやXゲームなどで使われる「BMX
そして丈夫で日常ユースに適した「乗用車
などがあります。
 
以前は自転車といえば実用のための道具でしたが、現在はライフスタイルの一部として自転車を楽しむ方が増えてきました。

それは自転車が健康志向、エコ思考などにマッチしていることもありますが、何といってもやはり自転車の楽しさを、多くの人が感じているからでしょう。

中でも最近人気なのがロードバイク、MTB、そしてクロスバイクです。
 
ロードバイクは細いタイヤを装着しており、段差の少ない道を走るのに適しています。
LGS-CR23/LOUIS GARNEAU \71,400
ライディングスタイルも深い前傾姿勢で、スピードを出しながら長距離を移動できます。つわものになれば一日に100kmなんて平気で走り抜けます。
 
一方、MTBは頑丈なフレームや衝撃吸収システム、ブロックタイヤを搭載しているモデルも多く、未舗装路の走破性は抜群です。ギア比もアップダウンを繰り返す用途に合わせており、急な上り坂もグイグイ登ります。
AVALANCHE3.0/GT \52,290
街中ではオーバースペックに感じる機能も、一旦山の中に分け入れば、これほど頼もしい相棒はありません。
 
そして最近の主流となりつつあるのがクロスバイクです。ロードとMTBの中間的なモデルで、段差の多い街中でも車体のダメージを気にせず走れます。
LGS-RSR4/LOUIS GARNEAU \71,400
スピードはロードには勝てませんが、それなりの実力を発揮し、長距離ツーリングもこなせます。
ある意味、ロードとMTBというスポーツバイクのハイブリッドであり、非常に用途が広いので通勤から休日のツーリングまでこなせるクロスバイクは男女問わず人気のバイクです。
 
また、最近は目的地を特に決めず、ぶらぶらと自転車で街を散策する「ポタリング」がブームです。ポタリングにあわせるように注目を集めているのがミニベロです。
b D-1/スピードディスク \195,300
構えることなく乗り出せるスタイル、折りたたみができる便利さは旅行に自転車を連れ出すという、新しい旅のスタイルを生み出しました。
なんといっても魅力は、以前の折りたたみ自転車に比べ、走行性能、折りたたみ機能とも格段に進化している、ということです。
もう折りたたみ自転車は「遅い」なんて言わせません。
このページのtopへ
そうした流れの中、主力となる商品もどんどん変化してきています。
ハイエンドモデルと安価モデルの二極に分かれていた以前のラインアップに比べ、今は5万円〜6万円のモデルが非常に充実しております。
日常ユースをメインに休日はツーリングを楽しむといった用途にはまさにうってつけのこうしたモデルは、各メーカーとも力を入れており、選択の幅も非常に広くなっています。
 
さて、自転車を実際に購入する際にはどのようなことを考慮すればいいのでしょう。
 
まず第一は自分の用途をはっきりとしておくことです。ロングツーリングを楽しみたいのなら、やはりロードに勝るものはありませんし、アウトドアで万能に楽しみたいのならMTBで決まりです。それぞれ得意とするフィールドがありますので、やはり用途にあったモデルをセレクトすることは最重要です。
 
その上で意識していただきたいのは「重量と硬さ」です。
自転車の理想は「軽くて硬い」ものだと言えます。

単純に軽ければいいというわけではありませんが、やはり「軽さ」は重要です。たとえば、実用車ですと20kgに近い重量がありますが、クロスバイクだと10kg台前半が多く、ロードバイクの軽量モデルにいたっては7kg台のものもあります。

重量は使用する素材によって大きく異なりますが、以前のクロモリフレーム(注)が主流の時代から、現在は接合技術の進化によりアルミフレームが主流となっており、そうした意味ではフレームの素材は購買にあたってひとつの判断材料となります。

また、アルミでも品番があり、6000、7000番台のアルミは軽くて丈夫で、自転車の素材としては最適。さらに、最近はチタンTi、カーボン炭素繊維C、マグネシウムMgといった素材を使うものもあります。
 
硬さに関しては、自転車という乗り物の特性に直結してきます。つまり硬いフレームだと、こいだトルクが地面に伝わりやすくなり、力のロスをなくすことにつながります。そのため、最近の自転車は推進力、つまりこいだ力が100%地面に伝えられる素材を使うことが主流になっています。
また、フレーム形状も各メーカーが独自のコンセプトで開発しています。
単なるデザインだけでなく、そうしたコンセプトを把握することも、自分にあった自転車のセレクトにつながるでしょう。
とはいえ、この硬さは見たり触れたりしても判断しづらいと思います。そうした場合はどんどんショップスタッフに尋ねてみるといいでしょう。
 
また、購入後、自転車を自分好みにカスタマイズすることも可能です。たとえば、ホイールとタイヤを替えてみるとそれだけで乗り味が大きく変わります。
上級者になれば、クランクセットやハブを自分のライディングスタイルに合わせて変えたりしますし、初心者でも、グリップのカラーを変えたり、サドルを変えたりするだけで雰囲気も変わります。お気に入りの自転車をビルドアップするのも楽しみのひとつです。
 
注:鉄FeにごくわずかのクロムCr、モリブデンMo等を添加した低分金鋼の一種。略してクロモリと呼ばれる。
このページのtopへ
比較的に簡単に手に入れられる自転車ライフ。
でも、その気軽さゆえに安全をおろそかにしてはいませんか。

自転車はスピードが簡単に出せる乗り物です。20〜30キロは簡単に出せますし、ロードやクロスバイクだともっとスピードが出ます。そういう意味ではヘルメット、そして灯火は絶対に必要です。「命を預けている」ということを絶対に忘れないで下さい!!

 
また、定期的な点検も必要です。
自転車は消耗品が多い乗り物です。タイヤ、ブレーキパッド、ワイヤーなどは使えば必ず消耗しますし、そうなるとギアから外れやすくなり、危険です。
点検でこうした消耗品を見つけて交換していけば、自転車の寿命を延ばし、結果的に長い付き合いができます。
 
こうした点検は自転車技師、自転車安全整備士、SBBAといった資格を持ったプロに任せることが大切です。
販売店をうまく活用することが自転車ライフには重要ですし、大切なことです。

SWEN自転車スタッフはもちろん資格をもって整備に当たっています。

また、他店で購入した自転車でも可能な限り整備していきますので、遠慮なくご相談下さい。

このページのtopへ
ホームショップリストセール案内会員募集会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ
(c)Copyright 2012 Bros CO.,Ltd All Rights Reserved.